“L’Arc~en~CielはSJIS波括弧問題とシングルクォートに由来する各種脆弱性や不具合を一発で検出できる優秀なテストデータ。”

Gruntでローカルに保存するプラグインを少なくする

Gruntで[npm install]をすれば、プラグインなどがpackage.jsonから落とせて楽だけど、プロジェクトごとにプラグインが必要になる。 結果、同じプラグインが乱立するという形になる。

Gruntを使わなくても、単体で利用できるCSSメタ言語などは、grunt-contrib-sassやgrunt-contrib-lessに頼らずに、grunt-shellに任してはどうだろう。

grunt-contrib-lessのプラグインの大きさは、11MBだが、
grunt-shellの大きさは、52KB。

グローバルにLessをインストールしておき、あとはgrunt-shellでグローバルのLessを呼び出せるようにしておけば、Gruntプラグインの肥大化やGruntの仕様変更にも柔軟に対応できるんじゃないかな、と。 しかもgrunt-shellは、ひとつのプラグインの代替ではなく、複数のプラグインに置き換えることもできるだろう。

どうかな。

OSとブラウザ

4月9日、Windows XPとIE6が終了したことが、大きな話題となっている。

残るブラウザはIE7以上となったのだが、Windows Vistaの標準は、IE7。 Windows 7の標準ブラウザは、IE9。

そして、Net Applicationsの2014年3月のデスクトップOSシェアで、Windowsの中のVistaのシェアは、2.99%。
XPのシェアが落ちていくことで、相対的にIE7やIE8のブラウザシェアも落ちていくことだろう。

数年後には、「IE9以上で」って言われるようになるのだろうか。

ブログのStatic Site Generatorを変えた

ブログをJekyllから、Hexoに変えた。

Node.jsのブログシステムでHexoを選んだのは、Jekyllからの記事の移行が楽だったから。
configで記事ファイルの命名ルールを柔軟に変えれるし、メタ情報はYAMLのままでいい。
かと思えば、記事のもっと読むは、<!— more —>だったり、is_page()とかいう関数が用意されてあったり、WordPressライクなところもあり、なかなか面白いブログシステムだ。

とりあえず飽きるまで、Hexoでいくと思う。

STでMarkdown

Sublime TextでMarkdownを記述する時は、プラグインを入れる必要があるが、

⌘+R

で、見出しにジャンプできるのが便利。

pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub
rairaiken424:

Twitter / rnakaji: @lisalisa_lv @yellowblog @keesato …

父(62)がGoogleのライブビューで九州の実家の墓地を映し出して「墓参りできんじゃねえかこれ!!!」て絶叫してる。

Sublime Textで好きなところ

エディタは、Sublime Textを使っている。
Sublime Textの好きなところは、キャレットの選択などがある。

⌘+D

⌘+Dを押すたびに、選択したキーワードのキャレットを増やすことができるが、一括でキャレットを出すなら、

⌘+control+G

も好き。
選択しなくてもキャレットが置かれているキーワードが自動選択され、すべてのキーワードの数だけキャレットが増える。

あとMacのデフォルトのショートカットをかぶって使用できない「select_lines」。
Macのデフォルトでは、

control+shift+[up/down]

となっているため、Macのショートカットが優先されてしまっている。

keymapを修正することで、利用できる。

[
    { “keys”: [“super+alt+up”], “command”: “select_lines”, “args”: {“forward”: false} },
    { “keys”: [“super+alt+down”], “command”: “select_lines”, “args”: {“forward”: true} }
]

こうすると、⌘+optionのキーボード上下キーで、キャレットを増やせるようになる。
⌘押しながら、クリックでキャレットを増やすよりも、楽になるはず。

キャレットの複製なんか使わずに、検索/置換で正規表現を使えば一発で終わることもある。
ただ、ちょろっと修正するときは、このキャレットによる選択肢の多さが心強い味方になってくれることが多い。

Vimもやりたいんだけど、2回ぐらい挑戦して、2回とも心が折れたので、おそらく当分はSublimeだろう。

WordPressで記事のプレビューが表示されない

管理画面とサイトのURLが違うと、プレビューが表示されない。
なお、wwwありなしでもプレビューが表示されない。

【管理画面 - 設定】
WordPress アドレス (URL): http://localhost/wp
サイトアドレス (URL): http://www.localhost

↓↓↓↓↓↓

// これなら大丈夫
WordPress アドレス (URL): http://www.localhost/wp
サイトアドレス (URL): http://www.localhost

開発はwwwなしで、本番はwwwありで、っていう時は、注意。